ムダ毛の自己処理で埋没毛ができやすい?

ムダ毛の自己処理すると埋没毛ができやすいのは本当?

A(結論): 本当です。

 

埋没毛とは皮膚の中に毛が埋もれた状態の
ことです。

 

自己処理の方法に、電気シェーバー、カミソリ、
毛抜き、家庭用脱毛機器などあります。

 

電気シェーバーや家庭用脱毛機器は基本的に
肌を傷つけませんが

 

カミソリは深剃りで肌を傷つけてしまいますし、
深剃りの際に毛穴を塞いでしまったり、
すると埋没毛ができやすいです。

 

毛抜きはもっと良くないです。
毛を抜くときに炎症を起こしてしまい、

 

そこから毛嚢炎になったり、
赤く腫れたりします。

 

ばい菌が入ったりすると可能しますし、
赤くなった皮膚が目立ったりします。

 

埋没毛もできやすくなりますね。

 

エステのフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛による
ムダ毛処理が一番良いですが

 

そうはいかない事情が多いと思いますので、
お金のない方は、電気シェーバーを
使って肌を傷つけないように気をつけましょう。

 

 

もし埋没毛ができたら?

 

さて、気になるのは、対策ですよね。

 

新陳代謝を活発にし、
マグネシウムを含む食べ物(納豆、豆腐、牛乳、ホウレンソウ)
を摂取し、

 

出来てしまった埋没毛には、
ピーリング効果のあるローションでやさしくふきとり

 

意識して優しく洗ってあげます。

 

 

軽い埋没毛なら、
スクラブでマッサージしながら古い角質を落とす

 

手入れした後にしっかり保湿です。

 

酷い場合は専門の皮膚科に
行きましょう